Words

随時更新


走り屋

数あるミニ四駆レーサーのうち、できるだけ多くの場所で最速記録を残していくことにこだわり続ける者達を指す。

この呼ばれ方は、彼らの見せるバトルがかつて実車で公道に挑んでいた挑戦者達を彷彿させることから、自然とそう呼ばれていったことで定着したからである。

共通の理念は「心理戦こそレースにおけるバトルの本質」、「マシンのパフォーマンスは使い手のメンタルと比例する」、「礼儀と信頼あっての勝利」、「Fun&Win」


走り屋チーム

文字通り、走り屋を筆頭とするミニ四駆チーム。

成り立ちによって基本的に部活系、公道系、新興系の3種類がある。(他に2つ以上の系統を併せ持つものもある)


部活系チーム

文字通り、学校の部活がそのままチームとなったもの。

ミニ四駆専業でやっているところは少なく、ほとんどが他の活動のついでにというパターン。

それゆえに、強豪と呼ばれるチームはほとんど見られない。


公道系チーム

元々は実車での公道バトルを繰り広げてきた、本来の意味での"走り屋"によるチーム。

前述の通り、実車を中心に活動してきたが時代の流れ等により活動しにくくなり、規制の少ないミニ四駆にシフトした。

人気、実力ともにトップクラスが多く、ほとんどの強豪はこちらである。


新興系チーム

部活系、公道系のどちらにもあてはまらない、結成から年数の浅いチーム。

こちらはさらに完全新規のものと既存チームから独立したものに分けられる。

実力は千差万別で、まれにダークホース的な強豪が出現する。


Scary.M

物理的な破壊によるバトルレースを推奨している実車、ミニ四駆を掛け持ちしている連合チーム。

態度が悪いうえにレースでは手段を問わず、勝利だけを求めているため多くの一般レーサーから嫌われている。

傘下のチームに負けた場合、持っている全てのマシンを差し出して見逃してもらうか、軍門に下るしか選択肢がない。

理念は「いかなる手でも勝てばよかろうである」

正反対といえる理念を持つ走り屋とは敵対しており、横暴さに耐えかねたサーキットのオーナーが走り屋に始末を依頼する場合もある。

基本的に他人に興味がない彩希人だが、ある時を境に目の敵にしている。